故人に代わって御礼を申し上げます|香典返しは半返しが相場です

香典返し

消え物や日用品が定番 

二つのギフト

香典返しとは葬儀に参列してくれた方々に、御礼の気持ちや無事四十九日を終えた報告をし、香典のお返しをすることです。本来ですと、御礼の気持ちを直接会って伝えるのが礼儀ですが、一件、一件回っていては大変です。そのため最近では挨拶状を付けて郵送する人も増えています。香典返しは一般的に頂いた香典の半額が予算と言われています。しかし、半返しはあくまで目安です。必ずしも半返しを行なう必要はありませんので、金額にはあまりこだわらなくてもよいでしょう。葬儀の際に頂く香典を、あらかじめ予想して準備しておき、当日に香典返しを行なう当日返しも多くなってきました。しかし、人によっては多く香典を贈る人もおり、多く包んでいただいた方には別でお返しをする必要があります。
香典返しは宗教によって、お返しをする時期が違ってきます。仏教などの仏式の場合、四十九日の法要後にお返ししましょう。四十九日までは喪中なので控えるのが一般的です。キリスト教には香典返しという文化がありませんが、行ないたい場合は三十日祭の召天記念後に行なうとよいでしょう。
お返しの品に悩む人も多くいるでしょう。お返しには後に残らない食べ物が縁起がいいとされています。しかし、どの家庭でも使用することができるため、タオルや石鹸などの日用品も好まれます。高額な香典を頂いた方や年配の方などへのお返しを何にするか迷った時はカタログギフトを贈るといいでしょう。カタログギフトは自身で好きな物を選んでいただけるため、大変人気があります。

のしと水引きのマナー

プレゼント

内祝いには色々なマナーがあります。結婚すると内祝いを贈る機会も増えてくるので、マナーを覚えておくようにしましょう。内祝いにはのしをつけて贈ります。贈り物をする時は祝い事にあったのしと水引きを選ぶことが大切です。

読んでみよう

感謝の気持ちの贈りもの

花

結婚式ではお世話になった両親へ感謝の気持ちを込めてプレゼントを行ないます。プレゼントで人気があるのは誕生を思いださせるものや思い出を残すことができるフォトフレームなどです。

読んでみよう

連名のお返しには土産物を

ギフト

親しい友人ではなく、会社の同僚から結婚のお祝いを頂くこともあります。連名でのお祝いの場合、結婚内祝いに何を贈るか悩んでしまいますが、海外旅行に行く人はお土産物を利用できます。

読んでみよう

Copyright© 2016 故人に代わって御礼を申し上げます|香典返しは半返しが相場です All Rights Reserved.